日本キリスト教団 芦屋浜教会

〒659-0024 兵庫県芦屋市南宮町11-14 ☎0797-31-3224

『イースターおめでとうございます!』

教会学校だより 2016年3月号

 みなさん、こんにちは。ようやく寒い冬も終わりを告げ、新しい春の訪れを感じますね。日射しも暖かくなり、心も身体も軽やかになってきました。春が来て「嬉しいな」と、心から思えます。
 
 テレビを見ていますと、「春の祭りーイースター」をお祝いしましょう!と何種類かのコマーシャルが言っているので、びっくりしました。バレンタイン・デーやハローウィンに次いで、イースターもお祭りや商売の機会として使っているのかあ、とちょっとがっかりです。
 
 「イースター」は、教会にとって一番大切な時です。でも、それは「春が来たからおめでとう」という意味で大切なのではないのです。皆さんよくご存じのように、「イエスさまがよみがえられた」から、大切な時なのです。
 
 イエスさまは、何も罪を犯していないのに、十字架につけられてしまいました。そして、息を引き取られました。お弟子さんたちは悲しみました。あんなに優しかった先生が、全く悪くないのに殺されてしまうなんて・・・。
 
 しかし、イエスさまはよみがえられて、弟子たちのところに現れ、「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。(マタイ 28:20)」という新しい希望、新しい約束を与えてくださいました。それを神さまありがとうございます!とお祝いするのがイースターなのです。決して「春の訪れをお祝いする」時ではないのです。
 
 教会では、今年3月27日の日曜日に、イエスさまのよみがえりをお祝いする「イースター礼拝」を守ります。イースターでは、イエスさまのよみがえりを記念して、卵を皆さんに配ったり、卵探し(エッグハント)というゲームをしたりします。こうやって、皆さんと共にイエスさまのよみがえりをお祝いするのです。ぜひ、皆さんもこのイースター礼拝にご出席ください。一緒に、イエスさまのよみがえりをお祝いいたしましょう。そして、たまご作りやエッグハントを楽しみましょう。皆さまのお越しをお待ちしています。

牧師 塚本潤一

教会学校だよりの巻頭言

2016年 2月のメッセージ「教会のお誕生日!」 ここをクリック
2016年 1月のメッセージ「年の初めに」 ここをクリック